好奇心の轍

脳・心・人工知能といった、よくわからんものを研究するふりをしながら、日々と人生についてつらつらと考えている「たっきー」のブログです。
カテゴリ一覧: AI | Linux | PC | SF | ネット | 意見 | 育児 | 英国 | 家庭 | 回路 | 携帯 | 健康 | 研究 | 算譜 | 時事 | 生活 | 提案 | 日常 | Ǿ | 別姓 | 料理

2004/09/01 (Wed)

[時事][意見] 言うか言わないか

一昨日の日記で、自分を超えた力を出せる選手は泣き言を言わない、と書いた。

では泣き言を言わない選手がえらいのか、というと、ちょっと違う。ドーピングしたと疑われた選手がIOCの決定を黙って受け入れていればえらいのか。そんなことはない。

すばらしい選手はその精神のありようが素晴らしいのであって、それが自然に言葉に出るだけである。腹黒い選手がどれだけ言葉で飾っても、すばらしい選手に慣れるわけはない。決してない。

子供たちはけっこう、何かを言ったことで怒られるということがあるように思う。友達に「ばーか」といったら、そんなことを言うんじゃありません、のように。しかし怒られるべきは、「ばーか」と言ったことではなく、友達のことを早急に馬鹿と決めつけたその心である。あるいは、馬鹿だとおもっていないのに「ばーか」という嘘つきの態度であろう。そういう本質を抜きにして、言ったことを責めるのはおかしいよなあ。

そんな経験ってないですか。

本日のコメント(全1件) [コメントを入れる]
afasaFad2da (2017/04/01 (Sat) 11:44)

OkyQFohNCGwTTcgE