好奇心の轍

脳・心・人工知能といった、よくわからんものを研究するふりをしながら、日々と人生についてつらつらと考えている「たっきー」のブログです。
カテゴリ一覧: AI | Linux | PC | SF | ネット | 意見 | 育児 | 英国 | 家庭 | 回路 | 携帯 | 健康 | 研究 | 算譜 | 時事 | 生活 | 提案 | 日常 | Ǿ | 別姓 | 料理

2004/08/26 (Thu)

更新してなくてすいません。8/17 の日記をしばらく陳列しておいたので、かなりおそらく副作用で来られたかたは誘導されることと思います。あと、日記のトップページに来る人の収集を止めてみました。当面は日毎のページへの直リンクだけを記録します。

[ネット] IPv6 対応しました

忙しいはずなのに、ついついやってました IPv6 対応です。トップページのロゴの下の右端にも貼ってある、この IPv6 ロゴ が青くなっていれば、あなたは次世代のインターネットプロトコル IPv6 でアクセスしている新時代の人です。ってロゴが変わるしかいいことないってのが IPv6 の本質的問題の気もするが。IPv6 だと P2P ソフトが作りやすいはずなんだが、まだいいのがないしなあ。アドレスに匿名性がないので、犯罪に利用しづらくていいはず。誰か winny の後継で健全な P2P を作らないかな。

いままではネイティブ IPv6 アドレスをもらおうとすると Freenet6 とかしかなかったわけだが、日本のサイトでもアメリカまで2往復するのでまったく実用的ではなかった。でも Feel6 Farmだと ping www.kame.net が 10ms 台なのでじゅうぶん実用範囲。ここに登録するとすぐに /48 のプレフィクスがもらえます。/48 ってことは 2^80 個 (1,208,925,819,614,629,174,706,176個) のアドレスなわけで、無料でそんなに配っていいのか心配になるが。

いまのところ、DNS はまだ外部に頼っているので、WWW と SMTP が IPv6 対応です。WWW は多少 IPv6 のアクセスがあるみたいだけど、メールはぜんぜんないなぁ。誰か IPv6 でメールくれないかなぁ。